製本・用紙・特殊加工

製本について

製本(本の綴じ方)には様々な方法があり、使用用途によって適した種類があります。
その方法によって印刷工程・製本工程や本の強度、納期・金額等も異なります。

無線綴じ

無線綴じ

無線綴じは最もポピュラーな製本方法で、文庫本・教科書等によく使用されていて、強度・耐久性に優れた綴じ方です。
糸や針金を使わず、ホットメルトと呼ばれる製本用ノリを高温で溶かし、本文の背を表紙に接着させて綴じます。このホットメルトというノリは、速乾性が高く、温度が下がると固まりますので、強度も高くなります。
表紙中面に見返しなどの加工を加えると、更に強度が増します。

中綴じ

中綴じ

中綴じは、ホットメルト等のノリは使用せず、本文と表紙をホッチキスで綴じる製本です。
本が大きく展開するので、内容が読みやすく、見開きページなどで説明したい内容の本には非常に適しております。
但し、針金で数ヶ所とめているだけなので、無線綴じよりも強度は低く、また頁数の多い場合は針金が貫通できずに本がバラけてしまうため、中綴じ製本では綴じることができません。
雑誌や取扱説明書等によく使われている製本方法です。

その他の綴じ方

その他に、問題集・メモ帳等のような本文を切り取って使うことのできる天のり製本や、重ねた紙の背になる部分の端を針金で綴じる平綴じ製本、伝票等で使われている背をノリで固めてマーブルやクロスで巻くマーブル・クロス巻などがあります。

簡易上製本

中身をしっかりと糸で綴じ、上質の布など別仕立ての厚めの表紙でくるむのが上製本です。表紙の題名を金箔押しするのが好まれ、高級で上質な雰囲気を醸し、長期の保存に耐えられるのが大きな特長で、小説や事典・記念誌・写真集などの製本に用いられています。しかし上製本は、並製本と比べると1冊あたりの単価が非常に高額になってしまいます。
そこで上製本と並製本を融合させ、単価を下げつつ、耐久性も兼ね備えた簡易上製本をご提案致します。本文中身に糸かがりをせずに無線綴じを行い、後に表紙にハードカバーを装着します(本の背中は角背のみになります)。
見た目は上製本の高級感を保ち、通常の並製本よりも耐久性に優れながら、上製本よりかなり安価で作成できます。もちろん、表紙に金箔や銀箔を押す事も可能です。

用紙見本

下記見本は一般的によく使われる紙です(モニターによって実際の紙とは色が異なって見える場合がございます)。
その他にも様々な用紙をご用意できますので、ご希望がございましたらお申し付けください。
また、用紙見本などがお手元にございましたら、原稿とあわせてお渡しください。

色上質紙

表紙や本文の仕切り紙(色扉)によく使用され、色や厚みなどのバリエーションも豊富です。
特薄口→薄口→中厚口→厚口→特厚口→最厚口→超厚口 の順に厚みが増していきます。
主に、表紙には特厚口、仕切り紙には中厚口がよく採用されます。

色上質紙見本

レザック66

表紙に使用される事が非常に多い紙です。高級感があり、かつ耐久性も備えている為、需要の高い紙となります。
100kg→130kg→175kg→215kg→250kg の順に厚みが増していきます。
表紙には主に175kgが採用されます。

レザック66見本

特殊加工オプション

PP加工(ツヤあり・なし)

PP加工とは、印刷後の紙の表面にビニールフィルムを貼りつける加工です。表面が保護されますので、強度が上がり破れにくくなります。 また水濡れに強くなり、日焼けによる変色などを防ぐ効果もあります。
ツヤありの場合は、本来ツヤのない用紙にも強い光沢が生まれます。
ツヤなしの場合は、落ち着いたマット調の質感が得られます。

箔押し

箔押しとは、金色・銀色などの箔で文字やマークなどを入れる加工です。
一般の印刷とは工程が異なり、専用の金型を作って、熱と圧力で箔を押し転写させます。
ハードカバーの上製本や、記念誌の表紙などによく使用され、高級感のある仕上がりになります。

見返し

本の強度を高めるためのオプションとして、見返しを付けることも可能です。
見返しとは、表紙中面と本文1ページ目との間にはさむ紙のことです。
本を長い間保存しておくために強度を求められる方は、見返しを付けられることをおすすめ致します。
また、見返しに色紙を使って、表紙をめくったときのアクセントとするなどの使い方もあります。

筋入れ

筋入れとは、表紙が厚く開きにくい時などに、曲げたい箇所にあらかじめ折り目を入れておいて本を開きやすくする加工です。
折り目だけではなく、ページ1枚分やページの1部分を手で切り取れるようなミシン加工を施す事も可能です。

パンチ穴

ファイル保管や、ひもで何冊かをまとめるために穴をあけることもできます。