安さと早さの理由

安さと早さの理由

安 早 美

当社で使用している紙版(ピンクマスター)印刷は、オフセット印刷に比べて版自体の原価が安いため、低コストでの生産を可能にしました。
また、コンピュータからプレートセッターという製版機器を通して直接刷版を作成できるCTPデジタル製版機を導入しておりますので、お客様からいただいた原稿をデジタル化してすぐに刷版に変換し、効率的に印刷へと取りかかることができます。また紙版印刷ではイメージセッターによるフィルム出力・刷版での殖版作業がないため、納期を大幅に短縮できます。
そして、プレートへの描画は半導体レーザー方式を採用し、5%の網点も表現が可能になりました。解像度1200dpiの出力と湿式超微粒子トナー現像方式との組合わせによって、従来の紙版印刷よりも高精度の版の作成が可能になりました。

同人誌や自伝の出版、また予算書・決算書や企業・大学などで使われる冊子作りなど、低予算・短納期をお求めのお客様はぜひお気軽にご相談ください。

印刷の種類と特徴

オフセット印刷

写真等の細かい網点の再現に適している高品質の印刷方式です。
部数が多い場合は比較的安価になりますが、印刷・製本工程が複雑で材料原価も高額なため、仕上がりまでの日数がかかり、小ロットではコストがかかってしまいます。

オンデマンド(トナー)印刷

1冊からでも作成可能で、製版工程がないため短納期が可能となります。
ただ、コピーと同様に1枚単価が定められているので、部数が増えるとかえってコストがかかります。また熱処理で冊子が波打ったり、トナーで印刷するため長期保存には適しません。

紙版印刷

製版コストが安いピンクマスターと呼ばれる紙版を使うので、1色印刷で小ロットの場合や、仕切り紙(扉)がランダムに入る冊子などは、オフセット印刷よりも安価に仕上がります。
またフィルム出力などの複雑な工程がないため、入稿から仕上がりまでの日数を大幅に短縮でき、短納期に対応できます。
高精細な再現を求められる写真などの印刷には不向きですが、文字などは高品質な仕上がりを実現します(ただし多色印刷・コート系用紙は不可)。